とことん調査!女性薄毛治療探求ガイド » 女性に多い?薄毛の原因を大調査! » 女性男性型脱毛症(FAGA)

女性男性型脱毛症(FAGA)

今、女性の間で急増している女性男性型脱毛症(FAGA)を分かりやすく解説。原因と症状を学び、早めの対策を心掛けましょう!

女性男性型脱毛症(FAGA)の
原因と症状

女性男性型脱毛症は、男性ホルモンが大きく影響している脱毛症です。男性で言うAGA(男性型脱毛症)にあたり、日本では600万人の女性が発症していると言われていて、年々増加傾向にあります。

FAGAは、男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロンという強力な脱毛ホルモンが発生し、髪の生産がストップすることで起こります。

女性男性型脱毛症(FAGA)の原因

実は女性の体にも男性ホルモンが存在します。女性ホルモンが正常に分泌されていれば薄毛にならずにすみますが、女性ホルモンが減少すると男性ホルモンによる影響を受けて、抜け毛が生じるようになります。

加齢

女性は加齢にともないエストロゲンが減少します。早い人だと35歳くらいからエストロゲンの分泌量が減ってしまい、FAGAを発症する人もいます。

過度なストレスや無理なダイエット

ストレスが溜まったり急激に痩せたりすると自律神経のバランスが乱れ、女性ホルモンが減少してしまいます。

女性男性型脱毛症(FAGA)の症状

女性男性型脱毛症(FAGA)はAGAとメカニズムは似ていますが、症状の現れ方に違いがあります。AGAは頭頂部や髪の生え際(M字)がどちらか一方、もしくは両方薄くなるなど、ある特定の部分が薄くなります。

一方で、FAGAは髪の毛一本一本が細く弱まり、髪の毛全体のボリュームが減ってしまうのが特徴です。初期段階では、分け目やつむじが目立つ、髪の毛のハリやコシがなくなるなどの症状が見られ、進行すると頭頂部が透けて見えるようになります。

女性男性型脱毛症(FAGA)の対策法

女性型脱毛症はAGAに比べると進行はゆるやかですが、早めの対策に越したことはありません。

女性ホルモンを増やす食材を摂る

大豆やキャベツ、ザクロ、卵など、女性ホルモンを増やす食べ物を積極的に摂取しましょう。

紫外線対策をする

紫外線がFAGAを引き起こすわけではありませんが、紫外線のダメージが毛根に蓄積されると髪の毛を作る働きが弱まってしまいます。外出時には帽子をかぶったり、髪にも使える噴霧式の日焼け止めスプレーを使うと良いでしょう。

専門医に相談する

FAGAの原因や進行具合は人それぞれ異なります。効率よく確実に対策するなら専門医に相談の上、薬やサプリを服用してみるのが一番の早道だと言えます。

女性男性型脱毛症(FAGA)を克服した体験談

●食事制限のダイエットを始めて4か月。かなり頑張っていて、痩せてきた!という矢先に、髪が薄くなってきていることに気づきました。クリニックに行って相談すると、やっぱりダイエットのせい…。まず頭皮にまで栄養がいかなくなっているのが原因だと言われ、頭皮に栄養を補給する治療をしてもらいました。それから食生活の指導も受けて、一旦ダイエットは中止。でもその甲斐あって、2回目の通院の頃には髪が今までよりも太くてつやつやになってました!その効果の早さに感動です!(30代)

●自分では気がつかなかった頭頂部の脱毛。家族に言われて慌てて病院に行きました。年齢のせいで女性ホルモンが減っているのが原因とのことで、メソセラピーという治療をしてもらうことになりました。料金は正直ちょっと高めかな…という気がしましたが、髪が生えてくるのなら!と思って治療を開始しました。3回目くらいのメソセラピーで頭頂部が黒くなってきているのがわかって、本当に治療してよかったと思えました。(50代)

●元々髪が多い方ではなかったのですが、急に薄くなってきた気がして、育毛シャンプーなども試していました。それでも効果は全く感じられなかったので、思い切って女性薄毛治療のクリニックに行くことに。口コミで人気のあるところに行くと、女性男性型脱毛症だと言われました。オリジナルの薄毛治療薬は結構お値段が高かったのですが、確かに育毛シャンプーなどとは違って効果が実感できました。髪1本1本が太くなって、髪全体にボリュームが出てきたのが嬉しいですね。(40代)

管理人:yumiko♪からひとこと

管理人:yumiko♪のアイコン
yumiko♪
FAGAは進行がゆるやかだけど、油断は禁物!やっぱり専門家に相談するのが安心だよね。悩んでいる人は一度、無料カウンセリングを受けてみてね!