とことん調査!女性薄毛治療探求ガイド » 女性に多い?薄毛の原因を大調査! » 円形脱毛症

円形脱毛症

コイン型の脱毛が特徴の円形脱毛症について、原因と症状、対処法をまとめました。

円形脱毛症の原因と症状

円形脱毛症は突然コイン型にすっぽり髪の毛が抜けるのが特徴です。豆つぶほどの小さなものから500円玉ほどの大きなものまで大小さまざま。年齢・性別を問わず、誰にでも起こる可能性があります。

円形脱毛症の原因

円形脱毛症は、髪の毛をつくる毛包がリンパ球によって異物とみなされて攻撃を受け、髪の毛の成長を阻止してしまう自己免疫疾患だと考えられています。免疫機能が崩れる原因は残念ながら解明されていません。

また、円形脱毛症と言えばストレスの象徴と言われますが、ストレスと円形脱毛症の因果関係もはっきりしていません。今のところ、ストレスが直接脱毛の原因になるわけではなく、不安や心配、イライラなど精神的に不安定な状況が、脱毛を誘発していると考えられています。

円形脱毛症の症状

円形脱毛症は前ぶれもなく突然、髪の毛の脱毛が進行するのが特徴です。具体的には、「突然、髪の毛が減りはじめた」、「脱毛部分と生えている部分の境界がはっきりしている」、「脱毛している周辺の毛を引っ張ると抵抗なく抜ける」などの症状が現れます。

脱毛の範囲や数などは人それぞれで、症状の現れ方によって複数のタイプに分けられています。

単発型

最も多いタイプで比較的小さな脱毛が1か所~数か所にできます。

多発型

脱毛が2ヶ所以上にみられ、繰り返し起こるものです。

蛇行型

後頭部や側頭部の生え際に、帯状の脱毛が起こります。

全頭型

頭全体に広がり、髪の毛がほとんど抜け落ちてしまいます。

汎発型

頭髪だけでなく、眉毛、まつ毛、わき毛など全身の毛が抜け落ちる重度の脱毛症です。

円形脱毛症の対策法

脱毛の範囲が狭い場合や数が少ない場合は自然に治ることもありますが、症状に適した対策をするためにも皮膚科での治療がおすすめです。治療では内服薬による薬物療法と、液体窒素による凍結治療があります。

円形脱毛症を克服した体験談

●私は時々円形脱毛症になることがあって、以前にも2回ほど髪が抜けて、その時は何もしなくても自然に治っていたんです。ところがその時の円形脱毛症はだんだん脱毛部分が増えていってしまって…。育毛シャンプーを使ってもひどくなる一方でした。藁をも掴む気持ちで病院に行ったところ、頭皮の血液の流れを改善する治療をしてもらうことに。2か月後にはすっかり治っていて、薬を使わなかったので正直不安だったんですが、こんなに早く綺麗になるんですね。(40代)

●最初は1か所だけ出来ていた円形脱毛症。小さなものでほとんどわからなかったので、そのままにしていたんですが、しばらくするともう1か所増えていたんです!まさか増えるとは思っていなかったので、慌てて美容皮膚科に駆け込みました。先生は私の生活スタイルや仕事、食生活についてヒアリングをして、塗り薬と漢方薬を処方してくれました。3か月程お薬を続けたところ、綺麗に円形脱毛症の部分はなくなりましたよ。早めに治療をしたのが良かったみたいです。(30代)

●円形脱毛症になっているのを発見してしまって、しかもよく見ようと思って髪の毛を引っ張ると、周りの髪の毛もすんなりと抜けてしまいました。これはまずいと思って皮膚科に行ったのですが、4か月程通院しても良くならず。口コミ評価の高い皮膚科でセカンドオピニオンをしたのですが、その病院に通い出したら、2か月程でもう円形脱毛症がわからないくらいに改善しました。女性薄毛治療ができるクリニックもたくさんありますが、やっぱり口コミって大切ですね。(50代)

管理人:yumiko♪からひとこと

管理人:yumiko♪のアイコン
yumiko♪
円形脱毛症は早めに適切な治療を受けることが大切!一人で悩んでしまうとそのストレスによって症状がさらにひどくなってしまうかも…。まずはクリニックのカウンセリングを受けてみるのが吉!

円形脱毛症が悪化するとどうなる?

円形脱毛症だけであれば、丸く髪の毛が生えていない部分があるだけです。できる場所にもよりますが、髪の毛が長い女性なら隠すことができます。しかし、問題は円形脱毛症が悪化してしまった場合です。

自己免疫が毛根のことを異物であると判断しているため、抜け毛は一時的ではなく、継続的に抜けるようになります。毛根を攻撃し続けている限りは、円形脱毛症が治るどころか拡大してしまうでしょう。円形脱毛症があっちにもこっちにも…と増えていく可能性が高いです。

そしてもう一つ、可能性として考えられるのが、自律神経障害によって広がる円形脱毛症です。自律神経は、人間が自分自身で意識してコントロールすることはできません。無意識で自分自身がコントロールしています。この自律神経がうまく働かなくなると、円形脱毛症を悪化させる原因になるでしょう。自律神経の乱れによる症状は、どこに現れるかわからないため、脱毛部分を広げてしまったり、円形脱毛症を増やしてしまう可能性もあります。

他にも噂されている、円形脱毛症が悪化する原因

ストレス

ストレスを感じずに生活している人はほとんどいないといわれています。ストレスが円形脱毛症に関係しているという確実な証拠はないのですが、不安になったりイライラしたりと精神的な不安定さがあることで、脱毛を発生させていると考えられています。ストレスが長く続くと、どんどん円形脱毛症が増えていくかもしれません。

食生活の欧米化

日本でも食事は欧米化してきています。お米が主食だった生活が大きく変わりました。また、お肉もよく食べるようになっています。この食生活が髪の毛には大きな栄養を与えていることは知っていますか?食生活の欧米化によって髪の毛が成長するために必要な成分が不足しているため、育てる力がなく、一度できた円形脱毛症が悪化していく可能性もあります。

睡眠不足

睡眠は心も体も休めるために大事な時間ですが、その休める時間が少ないと、発毛にも影響します。睡眠中は成長ホルモンが分泌されているのですが、そのホルモンが足りていないと成長が妨げられてしまうでしょう。治るはずだった円形脱毛症がなかなか治らない、悪化していくという人は睡眠不足が原因かもしれません。

円形脱毛症と妊娠の関係

女性は妊娠すると円形脱毛症になりやすい、という話は聞いたことがありますか?妊娠すると、女性の体は大きく変わります。ホルモンバランスが変わりますし、つわりなどでストレスも感じるようになりますね。またお腹が大きくなると、うまく動けない・眠れないといったイライラもあるかもしれません。

さらに、赤ちゃんにはたくさん栄養が送られていきますが、自分自身が栄養不足になっている人が多いです。髪の毛の成長にも栄養は必要ですが、不足していて円形脱毛症になる可能性もあります。

妊娠中は初期から後期まで、常に円形脱毛症は起こりやすい状態です。しかし、それは赤ちゃんをしっかりと育てるために、自分の体が変わっているサインだと感じてみてください。起こりやすい時期だからなってしまった、と考えれば気が楽ですよね。

妊娠してできた円形脱毛症は、落ち着くと自然と改善していきます。育児などでもストレスは続くかもしれませんが、ゆっくりと治っていくのを待ちながら過ごしてくださいね。反対に、こんなところに円形脱毛症が…と考えすぎると、悪化する原因になります。気楽に考えることで、円形脱毛症も治りやすくなるでしょう。