とことん調査!女性薄毛治療探求ガイド » 女性薄毛治療の知ってトクするQ&A » 副作用はあるの?

副作用はあるの?

薄毛治療専門クリニックで行われる薄毛治療の副作用を解説。女性は服用すると副作用が出る治療薬や男女の副作用の違いなど、副作用のリスクについてお話しします。

女性が服用すると
副作用が起こる治療薬

薄毛治療で使われる治療薬はいくつかの種類があります。それぞれ薬の効果や効きやすさが異なるのと同じように副作用のリスクもそれぞれ異なります。薬の効果だけでなく副作用についてもしっかり把握しておきましょう。

パントガール

女性の薄毛治療薬として世界で初めて安全性が認められた薬です。女性に多いびまん性脱毛症の治療など、女性の薄毛治療に広く使われています。パントガールはカルシウムやアミノ酸、ビタミンB群などの栄養成分が主体で、作用はとても緩やかです。

そのため、副作用についても報告されていません。ただし、妊娠中・授乳中の女性に対する臨床試験が行われていないので控えた方が良いでしょう。

ミノキシジル

日本皮膚科学会がびまん性脱毛症の治療で推奨している薬剤。血行促進や髪の成長を促す成長因子の分泌促進が期待できます。男性用のミノキシジルよりも低濃度なので、副作用が起きたとしても非常に軽度です。

とはいえ、臨床試験では、刺激、かぶれなどの皮膚症状の副作用が認められているので、トラブルが起きたらまずは使用を中止して医師に相談しましょう。

パントスチン

女性男性型脱毛症(FAGA)の治療薬のひとつで、分娩後脱毛症、びまん性脱毛症、更年期による脱毛症にも効果が見られます。軽度のFAGAに有効で初期段階から使用できます。

まだ症状が軽いうちに使うと抜け毛を効果的に防ぐことができ、発毛サイクルも回復できると言われています。男性のAGA治療薬は性欲減退などの副作用リスクがありますが、パントスチンの副作用は頭皮の軽い炎症が見られる程度です。

男性のAGA治療薬との違い

男性の薄毛治療では、おもにAGAの原因となるジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンの分泌を抑制するための薬を使います。フィナステリド(プロペシア)という治療薬が有名ですね。

しかし、男性ホルモンを抑制するという特性上、おなかの中にいる男の子の生殖器官に発達以上を起こす可能性があると言われています。そのため、妊娠中の女性はフィナステリドを触ることも禁止されています。同じ薄毛治療といっても、女性と男性では原因もメカニズムも異なります。当然薬も違うので、女性に適した治療薬を使うことが鉄則です。

安さにつられてネット購入するのは危険!

実は、パントガールやミノキシジルはネットでも購入できます。しかし、正規品ではない偽物も多く出回っていて粗悪品や厚生労働省の認可を受けていないものも流通している状況です。「安いから」と言って安全性が確保できていなければ元も子もありません。女性ホルモンのバランスにも影響があるため、必ず専門知識のある医師に相談しましょう。

管理人:みきえのひとことコメント

管理人:みきえのアイコン
みきえ
薄毛治療薬はお医者さんの管理の下、正しく使えばとても有効なお薬。でも、人によっては副作用が起こる可能性もあるってことを覚えておきましょう。副作用は本当に怖いものだから、副作用のリスクについてしっかり考えているクリニックを選ぶことが重要ですよ!