女性の薄毛は「誤った自己判断」が原因?

じつは複雑な女性の薄毛!セルフケアはとっても難しいのです

薄毛の兆候が現れると「年かしら…」とか「シャンプーがいけないのかも…」と自己判断して、市販の育毛剤や育毛シャンプーに手をかけがち。でも目に見える効果はなかなか得られないものです。女性の薄毛は不規則な生活や過度なダイエット、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど、さまざまな要素が絡み合っていることも少なくありません。
これらを治すためには原因に沿った対策をしていかなければならないのに、それが特定しないまま間違った対処法をしていると、かえって薄毛が進行してしまう可能性もあります。
少しでも薄毛が気になったら、まずはクリニックを受診して薄毛の原因や進行状況を調べてもらうこと。これが鉄則です!

薄毛の原因

Special  Contents女性薄毛治療を取り扱うクリニックで
無料カウンセリングを受けてきました!

口コミ評価が高いクリニック5院を、薄毛に悩む管理人たちが潜入レポート!

クリニックを受診すべきと言われても、どこのクリニックを選べば良いのか、どんな治療法があって、どれが自分にあっているのかが分からない方も多いと思います。そこで今回は、さまざまな理由で薄毛に悩んでいる私たち管理人が、薄毛治療の口コミで評価が高い5院を厳選し、無料カウンセリングを潜入調査してきました!スタッフやドクターの対応、クリニックの雰囲気など、初めて受診する際に気になるポイントをまとめて紹介していきます。
特に注目すべきは「いかに質の高いカウンセリングや検査、治療をしてくれるか」。無料といえど、どれだけ親身になってくれるかを見ることでクリニックの特徴が見えてきます。ぜひ参考にしていただけたらうれしいです^^

  恵比寿美容
クリニック
東京
ビューティー
クリニック
ウィメンズ
ヘルス
クリニック
湘南美容外科
クリニック
東京AGA
クリニック
カウンセリング
に行った
メンバー
ちゃんまゆ@育児中産後の薄毛に悩んでいる
32歳
ちゃんまゆ@ 育児中 体験レポートを
詳しく見る
みきえ仕事のストレスで円形脱毛症になった39歳みきえ 体験レポートを
詳しく見る
yumiko更年期とともに髪が薄くなった43歳yumiko♪ 体験レポートを
詳しく見る
ぴーちゃんママ昔やりまくったカラーやパーマで薄毛になった30歳ぴーちゃんママ 体験レポートを
詳しく見る
よっぴー(独身アラサーOL)元々の体質からくる薄毛に悩んでいる26歳よっぴー
(独身アラサーOL)
体験レポートを
詳しく見る
カウンセリング
・検査・治療の
項目数
カウンセリング
検査
治療

さまざまな検査や治療をしてくれて、その場で効果を実感できました!これで無料ってすごい…!

カウンセリング
検査

男性カウンセラーが、実際に髪を触ってチェックしてくれました。

カウンセリング


カウンセラーによる問診のみ。クリニックの方針については詳しく説明してくれました。

カウンセリング
検査

カウンセラーの案内の後にドクターの問診。髪の状態を見てくれました。

カウンセリング
検査

問診と写真撮影。
たくさん人が来るからなのか、流れ作業みたい…。

カウンセリング
時間
45分 45
じっくり
15分 15
さくさく
20分 20
さくさく
15分 15
さくさく
40分 40
じっくり
メインで
カウンセリング
をしてくれた人
ドクター
ドクター
カウンセラー
カウンセラー
カウンセラー
カウンセラー
ドクター
ドクター
カウンセラー
カウンセラー
クリニックの
入りやすさ
美容サロンもあるビル
だから入りやすい!
綺麗な建物で、看板も悪目立ちしていないので、誰に見られても恥ずかしくなかったです♪
フェミニンな看板が
目を惹く
シンプルで女性らしい看板だったので気負いせずに入れました。
ビジネス街で
行きづらい
周りはビジネスマンばっかりでちょっと緊張…。
駅チカだけど
わかりにくい
看板を見つけられず、5分ほど迷っちゃいました(汗)。
人通りが多く
若干周りの目が…。
渋谷だからといって若い子ばかりではなく、年配の方も多かった。
 

公式サイトへ

公式サイトへ

公式サイトへ

公式サイトへ

公式サイトへ

管理人たちが行った女性薄毛治療を
取り扱うクリニック5院を詳しく紹介!

恵比寿美容クリニック

恵比寿美容クリニックのHPキャプチャ

血流改善ガス+栄養補給の「NO薬剤」で発毛を促す!

2014年の開院以来、治療薬を使わない「安心・安全な薄毛治療」を提供する恵比寿美容クリニック。炭酸ガスを頭皮に直接注入して血流を改善する「血流改善ガス治療」と、発毛を促進する成長因子を豊富に含む「栄養補給」の2つの施術を組み合わせることで、眠っていた毛根を呼び覚まし、高い発毛効果を実現します。

産後の薄毛に悩んでいるちゃんまゆ@育児中 が行ってきました!

薄毛の原因を特定するため、7種類の検査・治療を設けている点にこだわっているクリニック。血液検査や血管年齢、毛穴検査、睡眠検査などの検査結果をもとに、生活習慣や睡眠の指導も行ってくれました!治療だけでなく一人ひとりに寄り添った生活指導をしてくれるから、より早く確実な成果が期待できるのね♪

公式HPで治療の詳細を見る

クリニック概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-11 BELLE恵比寿4F
アクセス JR恵比寿駅より徒歩3分
営業時間 (平日)10:00~20:00/(土・日・祝)10:00~19:00
補足項目 初回カウンセリング:無料

東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニックのHPキャプチャ

内服薬から植毛まで 幅広い女性の薄毛治療を提供

女性の薄毛治療のために作られたクリニック。内服薬・外用薬の定番治療薬はもちろんのこと、育毛メソセラピー、FAGA幹細胞再生治療、植毛もあり、あらゆる需要に応えられる体制を整えています。予算や希望の仕上がりにあわせて治療法を選べるところが人気です。

仕事のストレスで円形脱毛症になったみきえが行ってきました!

治療では、薄毛に悩んでいた医師が開発したリバースレディを採用。ミノキシジルやビタミン、亜鉛、ドロマイト、焼成カルシウムなど髪と頭皮に必要な成分を高品質・高濃度で配合していて、投薬だけでも多くの成果を残しているクリニックです。

公式HPで治療の詳細を見る

クリニック概要

所在地 東京都中央区銀座 4-3-9 クイーンズハウス8F(銀座院)
アクセス 地下鉄銀座駅より徒歩1分
営業時間 10:00~19:00
補足項目 初回カウンセリング:無料

ウィメンズヘルスクリニック

ウィメンズヘルスクリニックのHPキャプチャ

薄毛の原因を特定し、ベストな治療を提案

カウンセリング時にストレス、家系、食生活、生活習慣を詳しくヒアリングし、さらに血液検査の結果に基づいたベストな治療を提案することで、最短の道で薄毛を改善していくのが特徴。薄毛の原因を感覚ではなく、数値として把握できるので、治療を受ける側も納得して治療を進められるはずです。

更年期とともに髪が薄くなったyumiko♪が行ってきました!

治療は内服薬と外用薬の併用がメイン。治療費は月額15,000~30,000円程度と良心的な費用設定だから、予算が限られている人や必要最低限の治療で済ませたい人にはおすすめのクリニックよ。

公式HPで治療の詳細を見る

クリニック概要

所在地 東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F
アクセス JR東京駅より徒歩3分
営業時間 (木・金・土・祝)10:00~14:00 15:00~19:00/(水)13:00~19:00
補足項目 初回カウンセリング:無料

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科クリニックのHPキャプチャ

有名クリニックの頭髪専門外来

あらゆる美容医療を提供する湘南美容外科だけあって、治療メニューが豊富。投薬治療ひとつとってもクリニックオリジナルの治療薬をはじめ、女性の薄毛治療でおなじみのパントガール、外用薬にはパントスチンとロゲインが用意されていて、予算や症状に合わせて選ぶことができます。

昔やりまくったカラーやパーマで薄毛になったぴーちゃんママ が行ってきました!

新宿院では20分3,240円で利用できるクレンジングスパと、45分6,480円の炭酸スパのコースも用意されていて、初期の薄毛対策や頭髪のメンテナンスに人気らしいです。進行した重度の薄毛には最先端の植毛ロボットによる自毛植毛も行っています。

公式HPで治療の詳細を見る

クリニック概要

所在地 東京都渋谷区代々木2-2-13 新宿TRビル4F
アクセス JR新宿駅より徒歩4分
営業時間 10:00~19:00
補足項目 初回カウンセリング:無料

東京AGAクリニック

東京AGAクリニックのHPキャプチャ

発毛治療のみ提供するクリニック

日本皮膚科学会が推奨するミノキシジルを核に、頭皮の状態や生活習慣に合わせてプラスαの栄養素を調合するオーダーメイドの処方薬がメインです。医学的根拠に基づいた治療で確実に効果を出していきます。

元々の体質からくる薄毛に悩んでいるよっぴー(独身アラサーOL) が行ってきました!

さらに効果を出したい場合はメソセラピーを併用することもできるんだって。メソセラピーの薬剤も薄毛の原因や生活習慣に合わせて、一人ひとりに足りない栄養素を調合してくれるみたい♪治療で使う針も、ごく細いものを採用していて、痛みをほとんど感じることなく治療できるように配慮しているみたいよ。

公式HPで治療の詳細を見る

クリニック概要

所在地 東京都渋谷区渋谷1-7-4 青山小林ビル4F(渋谷院)
アクセス JR渋谷駅より徒歩5分
営業時間 11:00~19:00
補足項目 初回カウンセリング:無料

medical counselling Reports行く前にチェック!
薄毛治療専門クリニックの潜入レポートまとめ

管理人5名の薄毛治療クリニック体験を、1院ずつ詳しく紹介しています。行ってみないとわからない情報が盛りだくさん♪ぜひチェックしてみてください。

産後の薄毛に悩む

ちゃんまゆ@育児中

ちゃんまゆ@育児中

無料なのに、問診だけでなく治療も行ってくれたそう。その効果やいかに…?

詳しく見る

ストレスが原因の
円形脱毛症に悩む

みきえ

みきえ

ビジネス街にある入りやすいクリニック。内装も華やかで退屈しない院内だったとか。

詳しく見る

更年期の薄毛に悩む

yumiko♪

yumiko♪

スタッフの対応が良く安心感できたものの、ちょっとだけカウンセリングが物足りなかったそうで…。

詳しく見る

カラーやパーマが原因の
薄毛に悩む

ぴーちゃんママ

ぴーちゃんママ

カウンセラーが疑問や不安な部分を丁寧に聞いてくれたみたい。

詳しく見る

元々の体質からくる
薄毛で悩む

よっぴー(独身アラサーOL)

よっぴー
(独身アラサーOL)

はじめてのクリニックド緊張で向かった様子。自分に合う治療は見つかったのでしょうか?

詳しく見る

私たちのクリニック体験レポートをチェック!

まだまだある!
女性薄毛治療で評判のクリニック一覧

みやび形成外科

院長は形成外科のスペシャリスト

院長は日本形成外科専門医の資格を持っているほか、論文も多数発表している実力者で、開院から10年以上を経った今では、多くの患者さんの信頼を得ています。女性は薄毛治療では、できるだけ体の負担をかけずに薄毛の治療ができるよう、薬やサプリメント、育毛シャンプーを組み合わせて治療を行っていきます。

東京美容外科

オリジナル治療薬による発毛実績が豊富!

東京ビューティークリニックの提携院で、オリジナル治療薬「リバースレディ」を使った投薬治療にメソセラピーを組み合わせた治療を推奨しています。
初回7,000円で始められるパントガールのみの治療も受け付けているので、最小限の費用で治療を進めたい人も安心です。

広尾プライム皮膚科

HARG療法で薄毛を根本改善

医師もスタッフも全員女性。男性医師には言えない女性ならではのデリケートな悩みも、気軽に相談しやすい環境を整えています。
薄毛治療は、発毛・育毛効果のある成長因子を調合した薬剤を頭皮に直接注入するHARG療法がメイン。麻酔クリームを使うので痛みが苦手な人でも安心して治療に臨めます。

親和クリニック

日本屈指の薄毛治療専門クリニック

院長は元々男性の薄毛治療で数多くの実績を残してきた名医。特に、植毛では2,000症例以上の植毛手術実績を残しています。女性の薄毛治療にも力を入れていて、パントガールの内服薬から、ノーニードル(針を使わない)メソセラピー、自毛植毛まで、薄毛の進行に応じた治療メニューを用意。アフターフォローも整っています。

城本クリニック

びまん性脱毛症の治療に特化

日本皮膚科学会が唯一認める治療薬パントガールと、外用薬のミノキシジルを使った王道の治療スタイルを良心価格で提供しています。特徴的な治療はないものの、メール相談やアフターケアの相談も無料で応えてくれるなど、大手クリニックならの万全な体制下で治療を進められます。

ウォブクリニック中目黒

痛みのない導入治療が評判

イオン導入の約20倍の浸透力を持つという育毛導入が特徴。特殊な電気パルスを頭皮にあて、頭皮のバリアを一度弱めた状態にしてから発毛成分を導入していくため、頭皮に効率よく栄養分を与えることができます。その他、内服薬、外用薬、育毛ヘアケアグッズの販売なども充実。検査の種類も豊富です。

美容皮膚科シロノクリニック

治療メニューの多さは業界随一!

ミノキシジル、パントガール、パントスチンを使った投薬治療をはじめ、2種類のレーザー育毛、オリジナル成長因子メソセラピー、プランセンタ注射など、あらゆる薄毛治療が用意されています。投薬以外の選択肢が多いので、最初は投薬で様子を見て後から注入療法を加えるといった柔軟な進め方ができます。

銀座よしえクリニック

女性医師ならではのきめ細かな頭髪治療

一人ひとりの生活習慣と頭髪状況をしっかり把握し、最適な治療法を提案。内服薬、HARG療法、血液オゾン療法、育毛ダーマペンの4つの治療を採用し、女性に起こり得るすべての脱毛に対応します。プライバシーの確保はもちろん、院内の過ごしやすさにもこだわりアリ。

東京青山クリニック

カウンセリングから診察まで医師が対応

日本皮膚科学会が認めるミノキシジルに発毛促進に欠かせない亜鉛などの栄養素を配合したオールインワンの処方薬を使用。問診、検査、診察を医師が行い、治療後のアフターフォローにも力を入れるなど、きめ細かな対応が評判のクリニックです。

新宿中央クリニック

痛みのないノンニードルHARG療法を採用

薄毛治療ではHARG療法を最優先の治療として採用。針を使わないノンニードルの治療にも対応し、痛みにも配慮しています。HARG療法で使う薬剤は、発毛を促す成長因子に加えてビオチンやプラセンタも独自配合したオリジナル処方。毛髪サイクルを根本から整え、治療を終えても長期に渡り効果を維持していきます。

銀座TSUBAKIクリニック

女性の体に優しい発毛法

カウンセリング、初診料、肌トラブル時の薬代がすべて無料。一人ひとりの薄毛の原因を徹底分析した上で、投薬治療、サプリメント、育毛シャンプーを組み合わせながら負担の少ないケアで発毛を促進していきます。びまん性脱毛、分娩後脱毛症、卵巣や甲状腺機能の低下による薄毛など、あらゆる薄毛の症状に対応。

薄毛に効果的な成分

男女関係なく、薄毛に悩まされる人は少なくありません。ボリュームがなくなると、一気に老けたような印象になるので頭を抱える人も少なくないでしょう。しかし近年は、治療や育毛剤などで改善できる時代なので、思い詰める必要はありません。さらに、薄毛に悩まされる人にとっておきの成分がいくつかあります。女性の薄毛にも大変効くので、頭皮が目立ってきたなと感じたら、有効成分入りの商品でケアをしましょう。

有効成分その1アミノ酸

抜け毛や薄毛に悩まされている人はアミノ酸を頼りましょうしょう。アミノ酸は、発毛を効果的に促す成分で知られており、発毛アイテムによく含まれています。また我々の頭髪は、タンパク質でできており、約18種類のアミノ酸が結合したケラチンで構成されています。アミノ酸が不足すると、抜け毛や薄毛の原因になり、やがて髪が少なくなります。薄毛の原因を取り除くためにも、アミノ酸を意識して摂取したいところです。

有効成分その2亜鉛

髪の毛の90%を締めるケラチン合成は様々な役割をしていますが、亜鉛が不足すると、髪を新しく生成できなくなります。さらに、5αリダクターゼ酵素の影響で、抜け毛が多く発生します。そのため、抜け毛対策をするには亜鉛が必須となります。

有効成分その3ビタミン

ビタミン類は、細胞の代謝を促進する働きをします。食品で必要量を摂取すれば、頭皮にも栄養が行き渡ります。そのお陰で、毛母細胞の分裂活動をよりスムーズに行なうことができます。また、ビタミン類のおかげで乾燥から頭皮を守ることも可能です。

女性の薄毛に有効な成分はまだまだある!

女性でも薄毛で悩んでいる人は多くいます。自分の好みのヘアスタイルができなくなったり、髪の分け目から地肌が見えてしまったり、髪が思った以上にべったりしたりします。

このことは、髪の毛の元気がなくなったことが原因であり、髪の毛のケアをしなさいというサインかもしれません。髪の毛をケアする女性育毛剤には、血行を促進したりするものや、男性ホルモンを抑制して抜け毛を防ぐものや、頭皮環境を整えて抜け毛や薄毛の促進を防ぐものがあります。女性育毛剤に入っている有効な成分は、まずはセンブリエキスがあります。

センブリエキスは、刺激で血行を促進させるのと同時に、毛根の細胞を活性化させます。また、老化を予防するのに最適な抗酸化作用があるのです。

次に、βカロテンやビタミンB2や亜鉛などの成分を含んだミツイシ昆布エキスがあります。北海道日高沖に生息するミツイシ昆布は、髪の毛に良い昆布の中でも特に効果があるといわれています。

女性と男性では薄毛対策の有効成分が違う

同じ薄毛でも、男性と女性の薄毛にはもとになる原因が違います。男性の場合は、額の生え際や頭頂部が薄くなることが多いです。このことは、男性ホルモンが大きな影響を与えています。女性の場合は、全体的に薄くなる場合が多く、女性ホルモンが影響しています。このように、男性と女性とは薄毛の原因も違っているため、育毛剤の成分もそれぞれ違っていますし、治療をするにも女性薄毛治療と男性薄毛治療は違うのです。女性の薄毛の原因とは、女性ホルモンの他にも、過度なダイエットにより栄養をとらないと、毛髪に行く栄養は最後になってしまうため、薄毛の原因になるのです。また、栄養のバランスの乱れも女性の薄毛の原因です。毛髪の95%は、ケラチンというタン パク質からできています

。ケラチンは、加齢とともに減少しますが、栄養のバランスが乱れることによっても減少するのです。さらに、ストレスは、自律神経を緊張させることにより血流を悪くします。血流が悪くなると、髪の毛までに栄養が行かなくなるのです。

女性の薄毛対策に有効な成分が含まれる製品

女性の薄毛対策には、女性薄毛治療に有効な成分が含まれるものを摂取するべきです。薄毛に効果がある成分は、まずはタンパク質が挙げられます。タンパク質の役割は、女性のホルモンバランスを維持して、さらにホルモンの原材料となるため髪に欠かせない成分なのです。

他の女性薄毛治療に有効な成分は、亜鉛やビタミン類です。亜鉛やビタミン類は、髪の毛を作り発育させます。そのため、タンパク質や亜鉛やビタミン類が豊富な食べ物を摂取すると、薄毛には有効です。

例えば、卵は、髪の毛の材料となるタンパク質やミネラルや亜鉛などがたっぷり入っています。また、納豆や豆腐などの大豆を原材料としている製品は、タンパク質や発毛に役立つビタミンBなどが豊富に入って います。

薄毛対策のために心がけるべき生活習慣

薄毛の原因として、栄養不足やストレスや睡眠不足なども挙げられます。そのため、きちんとした生活を心掛けることが、女性薄毛治療にもなるのです。ここでは、生活習慣の中でどのようなことを心掛ければ薄毛対策になるのかを説明します。

1.早寝早起きを意識する

女性薄毛治療のひとつとして、早寝早起きがあります。早寝早起きが何故薄毛対策にいいかといいますと、まずストレス軽減があります。早寝早起きをすることで、交感神経と副交感神経のバランスがちょうど良くなり、ストレスがない状態にだんだんとなっていくのです。

ストレスがたまってくると、血液の循環が悪くなり、結果髪の毛まで栄養がいかなくなります。髪の毛に栄養がいかないと、髪の毛が育たなくなり薄毛になっていきます。

また、早寝早起きをすることで、成長ホルモンの分泌を促します。夜の22時から26時までの間に寝ていると人間は、成長ホルモンが活発になり、健康的な髪の毛を作り出すことができるのです。薄毛対策には、早寝早起きを意識しましょう。

2.栄養バランスの良い食事を心がける

薄毛対策には、他にも栄養バランスのとれた食事をすることが大切です。髪の毛に良くない食べ物はなるべく摂らないようにして、髪の毛に良い食べ物を食べるようにしましょう。

例えば、髪の毛に良くない食べ物は、まずは肉類の過剰摂取です。肉は食べ過ぎると頭皮の血行が悪くなり、髪の毛の発育に影響を与えます。また、ジャンクフードやお菓子などの塩分や糖分の高い食べ物も、髪の生成に影響を与えますので、できるだけ摂らないようにしましょう。

反対に髪の毛の生成に良い食べ物は、たんぱく質が大量に含まれている大豆や乳製品や牛肉なども良いでしょう。また、アーモンドやうなぎなどに含まれている亜鉛は、髪の毛を作る働きに重大な影響を与えているのです。

3.飲酒や喫煙はやめる

過度の飲酒は、内臓や肝臓に影響を与えることは有名な話ですが、内臓のダメージが原因で髪の毛への栄養が行き届かなくなることはあまり知られていません。また喫煙も薄毛を引き起こす原因になっています。

タバコを吸うことで、脳の中の自立神経や中枢神経が刺激することにより興奮を起こします。そして、頭皮の発汗や皮脂の分泌を引き起こします。そのため、頭皮の毛穴などに汗や皮脂がつまったり、雑菌が入ったりすることで薄毛を促進するのです。

さらに、ニコチンが血管を収縮させます。その結果、頭皮の毛母細胞まで血液が届きにくくなり、髪の毛に栄養が届きません。飲酒も喫煙も就寝前に行うと、睡眠の質を悪化させることにもつながりますのでできるだけ避けまし ょう。

4.適度に身体を動かす

最近は、女性も家事や仕事に忙しく、運動する暇もない人も多くいるでしょう。そして、運動不足が続くと薄毛になる可能性が高くなります。それでは何故、運動不足と薄毛は比例するのでしょうか。

人は、体を適度に動かすことで、新陳代謝を図ることができるのです。毎日の運動が不足していると、血行が悪くなり新陳代謝がおこらずに髪の毛に栄養がいかなくなるため、薄毛や抜け毛が進んでいくのです。

運動することで女性薄毛治療になるのですが、激しい運動をするとかえって疲労がたまり、運動することが続かなくなってしまいます。そのため、少しずつでいいので無理ない範囲内で適度な運動をしていくと、新陳代謝が行われ髪の毛まで栄養が行き届くようになるのです。

5.カラーやパーマは控える

一見関係がなさそうですが、カラーやパーマも薄毛の原因になることがあるのです。パーマは、チオグリコール酸アンモニウム塩というアルカリ成分と、臭素酸ナトリウムや臭素酸カリウムという酸性成分の2種類の薬剤を使います。

この2種類の内、チオグリコール酸アンモニウム塩というアルカリ成分が、薄毛にはよくないのです。この薬剤は、強いアルカリ性で髪の毛を構成しているケラチンの中にあるシスチンというタンパク質を分解するのです。

もともとパーマの仕組みが、オグリコール酸アンモニウム塩のアルカリ成分が、シスチンを分解して、臭素酸ナトリウムや臭素酸カリウムの酸性成分でシスチンを結合させることで髪の形を変えているのです。女性薄毛治療のためには、カラーやパーマは控えた方が良いでしょう。

6.ストレスを溜めない

現在の生活では、ストレスと無縁の人はなかなかいません。自分では気づいていなくても、知らないうちにストレスがたまっていることも多いでしょう。このストレスが薄毛の原因になっているのです。

今女性は、仕事や人間関係や家事のストレスをかかえていて、さらに場合によっては、妊娠や育児でストレスを抱えている人もいるでしょう。脳がストレスを感じると、交感神経が優位になり血管が収縮します。そして、全身の血流が悪くなり、そのため栄養が頭皮や髪の毛まで届かなくなってしまいます。

その結果、髪の毛の生成がされなかったり、栄養がないため細い髪の毛になったりします。ストレスのない生活をおくることは難しいことですが、できるだけストレスをためないようにしていきましょう。

・髪を元気にすることがカギ!

薄毛や抜け毛を改善するために必要なのは髪本来を元気にすることです。コシが強く上手で艷やかな髪を育てるには、上記の成分を取り込むことが重要でしょう。今は飲んで予防したり、育毛剤や発毛剤を使って髪の毛を育んだりできる時代なので、有効成分入りの製品は積極的に試した方がよさそうです。

薄毛予防に効果的な食品

髪にいいとされる食材に、タンパク質、亜鉛、ミネラル等があります。中でも卵は、3つの栄養素をバランスよく含んだスーパー食材です。

また卵は、海外発信の発毛を促す食材ランキングで見事1位を獲得しており、欧米人も髪のために卵を沢山食べています

そして調理もしやすく飽きずに摂取できる点も魅力でしょう。とても身近な食べ物なので、意識しなくても取り入れられます。

髪に欠かせない栄養素として亜鉛を取り上げましたが、牡蠣は亜鉛の塊といっても過言ではありません。亜鉛以外にもミネラル、アミノ酸、タウリンなど髪の質を整えるのに充分な栄養素を含んでいます。牡蠣好きにはたまらない情報でしょう。

さらにタンパク質を豊富に含む鶏肉も積極的に摂取したい食材の一つです。調理しやすいですし、何よりセルシーなので髪のために食べすぎても太る心配はありません。

またおやつ感覚で予防するなら、ナッツ類がおすすめです。中でもクルミはオメガ脂肪酸や亜鉛が多く含まれており、髪のコンディションを整えることで知られます。40歳すぎると女性も薄毛を気にすることが多くなるので、卵、牡蠣、ナッツ類は積極的に食べましょう。

自宅でできる女性の薄毛対策

薄毛をなんとかしたい、でも病院で治療をするのはまだ早いかもと思っている方は、自宅で簡単にできる予防法を試すといいかもしれません。

薄毛の主な原因は食生活の変化、ダイエットの風潮です。また、おしゃれ年齢が上がったこともあり、薄毛であることにコンプレックスを抱く方も多くいらっしゃいます。しかし若い頃と違って髪はやせ細りボリュームもなくなります。

かつらをつける年でもないですし、ヘアスタイルでなんとかごまかすしかありません。その一方で、見た目年齢が若い人は髪の毛がフサフサであることがほとんどです。そういう人は大体、自宅でヘアケアに勤しんでいることが多いです。

女性の薄毛を改善する一つ目のポイントは、食生活を変えることです。特に大豆製品は積極的に食べましょう。お魚があれば尚良です。女性が薄毛になる原因は、食が欧米化したためです。

基本的に脂っこいので血流は悪くなり、皮脂の分泌も増加します。そうなると毛細血管に充分な栄養素が行き届かなくなり、毛穴に詰まった皮脂が原因で薄毛となります。逆に和食は脂質が少なく、とてもヘルシーです。血液の流れが滞る心配もないでしょう。だから髪には和食がいいと言われているのです。

女性の薄毛は、食生活だけではありません。自己流ダイエットも時には薄毛を引き起こします。近年、若い人も薄毛に悩まされていますが、理由は極端に減らした食事です。

食事で得た栄養素は、最後の最後で髪にまわってきますが、極端な食生活の影響で栄養失調になり、栄養素を頭皮へまわすことができなくなります。これにより、過激なダイエットをしている方は健康な人よりも薄毛になりやすいのです。

後はストレス社会によるものでしょうか。人はストレスがたまると食で発散しようと暴飲暴食に走ります。特にこのような食べ方は、抜け毛の原因を作るので発散できる何かを別で探す必要があります。

ヘアケア商品で薄毛を予防する方法

自宅で簡単に薄毛予防ができるヘアケア商品。値段もお手頃で、長く続けるのにピッタリです。しかし、初めての方は使い方にちょっぴり不安があるはずです。

病院で処方された育毛剤や内服薬は、意思や薬剤師の指示どおりに使えば問題ないですが、ネットで購入したヘアケア商品に関しては、正しい使用方法を学ぶ必要があります。

育毛剤を頭皮にしっかり浸透させるには、頭皮を清潔な状態に保つことが重要です。そのためには、正しいシャンプーの仕方を取得して、頭皮の汚れを落とすことから始めます。

シャンプーが頭皮に残らないよう、きちんとすすぐことが必要です。シャンプーの成分が残留すると、頭皮に悪影響を及ぼし薄毛対策の妨げになります。流す時間はおよそ2分から3分が理想なので、この時間で素早くしっかり落とすことが大切です。

育毛剤を塗布しよう

洗髪が終わったらようやく育毛剤を頭皮に塗布します。頭皮に塗る感じでOKなので、初めてでも問題なく塗布できます。

また水のようにサラサラしたタイプの育毛剤は、一気に塗布するのではなく回数をわけけ少しずつつけるのがベストです。適量なので、ツーっと顔や耳に薬剤がかかる心配はありません。

ヘアケア商品は正しく使うことで薄毛に大きな効果をもたらしますが、塗布した後にマッサージをするのはNGで、ドライヤーも避けましょう。

マッサージの場合、血行促進を目的に行ないますが、揉み過ぎると毛穴の奥まで浸透しなくなります。育毛剤を塗布した後は何もせず数分待ちましょう。徐々に浸透します。

薄毛予防アイテムの効果的な使用方法

ドライヤーをした後に抜けた大量の毛を見て、驚く人は少なくないでしょう。こんなに抜けると将来ハゲるのでは?と心配するほどです。

1日に抜ける毛の量はおよそ50本から100本といわれていますが、人によっては200本近く抜ける場合もあります。頭皮には約10万本の毛が存在するので、この数は痛くもかゆくもありません。

ただし、抜けた毛が異常に細かったり、毛根の形がおかしかったりする場合は要注意です。もしかしたらそれは薄毛のサインかもしれません。

・正しいドライヤーの当て方とは?

一説では、ドライヤーをあてると頭皮が薄くなるといわれています。しかしこれは完全な嘘です。むしろ頭皮の事を考えてドライヤーを使うべきです。もし薄毛が気に場合は、次の事に気をつけてドライヤーを使いましょう。

  1. タオルドライ
  2. 襟足から乾かす
  3. 冷風に切り替えて水分の維持!

これを守るだけで、髪に与えるダメージを抑えることができます。ちなみに、同じ箇所だけに風を当てるのはNGです。場合によっては頭皮の乾燥や髪の傷みを早める可能性があります。また、髪の毛は少し湿っているくらいがちょうど良いです。大体乾いたなと確認できたらドライヤーを離しましょう。

既に薄毛になっている人はクリニックを頼ろう!

対策をしても薄毛の状態が変わらない、対策に限界を感じている人は、深く踏み込んで治療をしてくれる薄毛専門クリニックを受診しましょう。

ストレス、家系、生活習慣などを元に詳しくヒアリングをし、さらには血液検査で患者さんにベストな治療法を提案します。また薄毛の原因は、医師の感覚ではなく、数値として出されるため何故薄毛になったのか、その原因をしっかり把握することが可能です。

クリニックによって異なりますが、ほとんどが内服薬や外用薬がメインです。治療費は月々わずか3万円以内と大変お得です。

より本格的な治療を受けるなら、専門機器を使った治療に強い場所を選定しましょう。内服薬と外用薬と組み合わせて治療をすれば、早い段階で薄毛と決別できます。

薄毛問題は、朝起きたら改善しているわけではありません。根本的に改善を図るなら、長い時間を要するでしょう。しかしクリニックで治療をすれば、自宅ケアより早く結果が出るのです。まずはカウンセリングをして、治療計画をたてましょう。

クリニックで治療を開始するまでに流れをチェック!

頭髪治療の専門医院で行う女性薄毛治療は、いわゆる保存的療法と言って、皮膚にメスを入れない薄毛治療です。

外用薬を塗布したり、体内のサイトカイン(生理活性物質)やホルモンに作用する薬剤を経口投与したりして、薄毛を治療するものです。

女性の薄毛には男性と違った女性特有の薄毛の原因があります。

その原因を正しく把握し、それぞれに最適な治療をおこなうことで、効果的な薄毛の治療ができます。

女性に多い薄毛の原因は

1.加齢によるもの

髪の密度は20歳、太さは35歳ごろをピークに衰えていくと言われており、30代後半くらいから髪のうねりも目立ってきます。

40歳前後から髪のハリやコシがなくなり、白髪や薄毛、抜け毛などが目立ってきます。

2.ホルモンバランスの乱れによるもの

女性の薄毛は血流不全以外に、ホルモンバランスの乱れが一因といわれています。

他にも遺伝的要素や、タバコや睡眠不足などの生活習慣、過激なダイエットなどによる栄養不足などもホルモンバランスを乱す要因になります。

3.ストレスによるもの

従来からの家庭内の問題に加えて、近年の社会不安、仕事や人間関係など現代女性を取り巻く様々なストレスが身体の変調を引き起こし、薄毛の一因となります。

こういった様々な要因による薄毛に自己判断による治療は限界がありますので、専門のクリニックなどでの治療が良いでしょう。

1.予約を入れる

まずは電話やメールで予約を入れます。女性薄毛治療というと最初はなんとなく気恥ずかしい思いがあり、なかなか最初の一歩を踏み出すのに勇気がいりますが、そういうときは、ネットで「女性薄毛治療 クチコミ」と検索してみましょう。

いろんな方の治療経験を実際に見てみると勇気がわいてきますし、悩んでいるのは自分だけじゃないのだと安心できるでしょう。

または、治療医院のホームページなどでQ&Aを確認し、他の方がどういった相談や悩みを持ちかけているかを確認したり、中には、薄毛の症状に合わせた解説をしているホームページなどもあり、自分の症状を確認して見れば、治療を受けた方がいいかどうかの判断の一助になったりするかもしれません。

2.予約日に来院、問診票に記入をする

女性薄毛治療において初めての来院時には、通常必ず問診票を書いてもらいます。

問診票は過去の病歴やアレルギーの有無など一般的な事柄と、あとは髪についての質問に答えるものがほとんどです。わかる範囲で育毛剤や治療薬の使用経験の有無、髪のことが気になりだした時期などをチェックするのが一般的です。

この問診票は非常に重要で、カウンセリングはこれに基づいて行われ、治療方法などを検討する材料になりますので、なるべく詳細に、また、正確に答えてください。例えば、今現在使用中の薬などは、おくすり手帳を持参するなどして、正確に伝えておくと安心です。また、逆にあいまいなことも書かないようにしましょう。間違った治療に繋がってしまうと逆効果です。

3.カウンセリングを受ける

女性薄毛治療には、毛根ではなく、既に生えている毛に対して働きかける育毛、毛髪自体ではなく、生えてこなくなった毛の毛根に働きかけて発毛機能を再生させる発毛などがあります。

また、薄毛の種類にも、髪全体が薄くなり、分け目や頭頂部の皮膚が透けて見える瀰漫性脱毛症、妊娠中のホルモンの乱れなどが主な原因で分娩後に一気に抜け毛が増える分娩後脱毛症、フケが毛穴を塞ぐことで炎症を起こし、髪の毛が成長できなくなる批糠性脱毛症、長期間、髪の一部を強く引っ張った髪形を続けることにより、その部分だけ抜け毛が目立つようになるけん引性脱毛症などがあります。

それらの原因をしっかり調査しなければ効果的な治療は行えません。そのためにもカウンセリングでしっかり状態などを伝えましょう。

4.検査の実施

女性薄毛治療には必ずと言っていいほど血液検査があります。

血液検査は一見、薄毛治療とは関係がないように見えますが、薄毛の原因を判断するために必要となる重要な検査となります。

女性の薄毛というのは、髪の毛や頭皮の状態を見ただけだと原因が特定できない場合があります。見た目や問診だけでは判断できないものを、血液検査による数値で判断するわけです。

また、原因が特定された後の治療には内服薬や外用薬を使用することもありますし、植毛など外科的な治療が必要な場合もあります。

その際のアレルギー反応や体への影響も血液検査で調べることができます。

そういった治療方針を決める場合にも血液検査は役立ちますので、是非受診することをおすすめします。

5.治療開始

カウンセリング、診察、頭部写真の撮影、血液検査などが終了し、検査結果も出ますと、いよいよ薄毛治療の開始です。

初診の時から様々な事前調査で治療の方針などが既に決まっておりますので、外用薬、内服薬の処方などを具体的に実施していきます。

大体、1か月ごとの診察による経過観察、お薬の処方などが一般的です。

女性薄毛治療はれっきとした医療行為ですので、医師の指示には従って、診察や投薬などの回数や時期などはなるべく守りましょう。

そうでないと、治療の効果をきちんと見極めることができなくなります。

また、投薬などによって、体に異変があったり、治療を始めて、疑問点があったりした場合などは必ず、経過観察の診察時に医師に相談してください。

カウンセリング時に伝えておくべき内容

女性薄毛治療のカウンセリングは、問診表に始まって、カウンセリングに進みます。

カウンセリングの最大の目的は、血液検査の結果などと合わせて、その個人の治療方針を決定することにありますから、医師にはその材料となるような事柄、不安な点、気になる点を中心に伝えます。

例えば、過去の治療歴や病歴、これは、投薬治療または、植毛などの外科的治療をする上で、副作用やお薬の飲み合わせ、アレルギーなどの可能性を見極め、その個人に合った治療方針を決定するのに必要です。

ですから、アレルギー検査を過去に受診したことがあればその結果、健康診断で再検査などがあれば、その健診結果、現在飲んでいるお薬があれば、お薬手帳なども合せて持参しますと、安心ですし、話も早いです。

あとは治療期間などを聞いておいて、自分の都合と必ず合せておく方が良いでしょう。

というのは、薄毛治療は、薄毛の進行具合や、治療方法、個人差など様々な要因から確定的なことは言えませんが、一般的に治療の効果が見え始めるのが6~8カ月、そこから十分に効果が表れるのに1~2年といわれています。

また、それで終わりではなく、治療をやめてしまうとまた、元にもどってしまうことも多いようです。

つまり、治療期間は長期にわたることが予想されますので、やはり十分に治療できる環境にあるのかどうか、仕事が忙しい、転勤が多いなど治療を途中で中断せざるを得ない要因がないか必ず確認しておいてください。

信頼できるクリニックで治療を受けよう!

女性薄毛治療をすると決めたら大切なのが病院選びです。

これまで薄毛は男性の悩み、という認識が強く持たれていましたが、近年では女性専用の薄毛外来も増えてきており、女性専門のため、男性の目を気にすることなく、受信できることが特長です。

また、美容整形を行っている印象の強い美容外科や、病院の皮膚科でも、女性薄毛治療に対応しているところがあります。

皮膚科で脱毛を取り扱っている病院では、主に円形脱毛症や、皮膚炎などの治療を中心に行っているところが多いです。

それでは実際に薄毛治療を行う病院を決める際、どのようなことに気を付ければよいか見ていきます。

1.まずはカウンセリングを受けて信頼できる病院を見極めます。

2.薄毛治療の効果は1回で大きく効果が現れるものではありませんので、通いやすい場所にある病院を選ぶことも大切です。合わせて、診療時間帯や土日祝日の診療状況、予約の取りやすさや、通院にかかるコストなどもよく考えておくと良いでしょう。

例えば、会社帰りの乗り継ぎ駅にある病院で19時まで受付可能などであれば、会社帰りによることができますし、乗り継ぎ駅ですので必ず一度降りる駅です。しかも通勤定期がありますので、通院コストが新たに発生するということがありません。こういったことも、長期間の通院では治療の続けやすさとして大きいです。

3.スタッフの対応もポイントのひとつです。医師だけでなく、受付や看護師の対応も確認しておきましょう。

クリニックで
できる薄毛治療一覧

女性の薄毛治療は大きく分けて3種類

クリニックの薄毛治療は、大きく分けると3種類あります。ひとつは、抜け毛予防と発毛促進を目的とした投薬治療、2つ目は成長因子や栄養素を頭皮に直接注入して発毛を促すメソセラピーなどの注入療法、そして、3つ目は薄毛治療に力を入れるクリニックが独自開発したオリジナルの治療法です。それぞれ、治療の特徴や体への負担、費用も異なるので複数のクリニックのカウンセリングを受けてベストな治療を選んでくださいね!

メソセラピー

メソセラピー

各院のこだわりが費用は高めだけど、薬よりも効き目が早い!

育毛効果のある成長因子や栄養素を配合した薬剤を、頭皮に直接注入する治療法。注射針と言っても極細針を使うので痛みは我慢できる程度です。それでも痛みが不安な人は、針を使わず無痛で施術できる超音波や、レーザーを利用したノンニードルのメソセラピーを採用しているクリニックがおすすめ。投薬治療よりも早く効果が現れますが、費用も高め。薬とメソセラピーを併用すると、より効果が高まります。

薬剤

薬剤

各院のこだわりが薄毛治療のキホン!続けやすい費用が魅力!

日本皮膚科学会が唯一女性の薄毛に効果があると認めているミノキシジル、「飲む育毛剤」と呼び声の高いパントガールなどが有名です。頭皮の血行を良くして、毛母細胞に必要な栄養素を供給することで健康な髪を作っていきます。治療を始めて4ヶ月ほどで発毛効果が得られますが、安定した効果を得るためには半年~1年の長期服用が必要です。

クリニックオリジナル

クリニックオリジナル

各院のこだわりが詰まった最強の発毛治療

栄養成分を独自のバランスで配合し、より高い効果が得られるように設計された内服薬や、頭皮により効率よく栄養成分を供給することにこだわった独自の注入療法など、画期的な治療が多く登場しています。それぞれのクリニックが結果にこだわり、自信を持って提供する治療法なので、より高い成果が期待できます。

女性に降りかかる薄毛の原因まとめ

症状の見分け方や対策法を覚えておこう!

ひと口に薄毛と言っても原因はさまざま。
女性の場合は、男性とは違った特有の原因や症状があるので、単なる薄毛といっても実は奥が深いのです。
自己判断で原因にそぐわない対策をしてしまうと、症状が進行してしまうこともあります。
そうならないためにも、まずは女性に起こる脱毛症の種類と特徴を把握しておきましょう。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症

20~30代に増えている脱毛症です。びまんとは「症状が広範囲に渡る状態」を表します。はじめは分け目から薄くなり、進行すると髪全体のボリュームが減ってしまうのが特徴です。妊娠や出産、ストレス、無理なダイエットなどが原因で、女性ホルモンの分泌量が減り、抜け毛が発症すると言われています。進行がゆるやかなため悪化してから気付く人も少なくありません。
円形脱毛症

円形脱毛症

突然コイン型にすっぽり髪の毛が抜けるのが特徴。年齢・性別を問わず、誰にでも起こる可能性があります。髪の毛をつくる毛包がリンパ球によって異物とみなされて攻撃を受け、髪の毛の成長を阻止してしまう自己免疫疾患だと考えられています。ストレスが関わっているのは間違いないようですが、免疫異常との因果関係は解明されていません。
脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症

皮脂の過剰分泌によって起こる脱毛症。脂分の多い食生活、ホルモンバランスの乱れ、肌に合わないシャンプーの使用などによって皮脂の過剰分泌が起こり、毛穴周辺に菌が繁殖して脱毛を引き起こします。「常に皮脂でベタベタしている」、「毛穴が化膿して痛みやかゆみを伴う」という症状がある人は、念の為、専門医に相談しましょう。
牽引性脱毛症

牽引性脱毛症

髪の毛が引っ張られて起こる脱毛症のこと。ポニーテール、ツインテール、エクステ、コテ、ヘアアイロンなど、髪を引っ張り続けることで毛根がダメージを受け、抜け毛を招いてしまいます。若い頃から髪を引っ張り続けると毛根が疲弊し、年齢を重ねてから脱毛症が起こりやすくなります。できるだけ負担をかけないように心掛けましょう。
粃糠性脱毛症

粃糠性脱毛症

乾燥した大量のフケが毛穴を防ぐことにより、頭皮に菌が繁殖して脱毛が起こります。髪の毛が軽く触れただけで大量のフケが落ちるのが特徴で、ひどくなるとフケがカサブタ状態になって毛穴を塞いでしまうことも。原因は明らかになっていませんが、ホルモンバランスの乱れ、アレルギー、ストレスが関わっていると考えられています。
女性男性型脱毛症(FAGA)

女性男性型
脱毛症(FAGA)

男性ホルモンが大きく影響している脱毛症。加齢や過度なストレス、ダイエットにより女性ホルモンの分泌が激減し、さらに、男性ホルモンのひとつであるジヒドロテストステロンという強力な脱毛ホルモンが発生することで、髪の生産がストップしている状態です。日本では600万人の女性が発症していると言われていて、年々増加傾向にあります。
分娩後脱毛症(産後の抜け毛)

分娩後脱毛症
(産後の抜け毛)

経産婦の7割が経験する「産後の抜け毛」と呼ばれる脱毛現象です。妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が増えるので髪が抜けにくいですが、出産後に女性ホルモンが激減するため、大量の抜け毛を伴います。一過性で、産後半年から遅くとも1年くらいでおさまりますが、ストレスや睡眠不足が続くと本格的な薄毛に移行することもあるので注意が必要です。

薄毛を引き起こす原因は他にもある!

髪の毛はあなたの心と体の健康をうつしだす鏡

ひと昔前まで薄毛は男性の悩みだと思われていました。でも最近では、女性の間でも薄毛が急増しています。その背景にあるのは、ストレスや過度なダイエット、偏った生活習慣、睡眠不足など、不規則な生活習慣があると言われています。心当たりがある方はすでに薄毛がじわじわと発症しているかもしれません。髪や頭皮の健康を守るためにも「女性の薄毛を引き起こすNG行動」をしっかり頭に入れておきましょう!

女性の薄毛を引き起こすNG行動をじっくり読む

年代ごとにPickup!女性の薄毛治療wiki

生活スタイルと薄毛は深く関わっているため、同じ女性でも20代と40代では、薄毛の原因が異なります。薄毛や抜け毛を予防するためには、各年代の注意点を抑えて、適切なケアを心掛けることが大切です。年齢別に薄毛を引き起こす原因をまとめていますので、ぜひ役立ててくださいね。

女性の薄毛治療なんでもQ&A

女性薄毛治療の費用はいくらかかるの?

薄毛治療は、「見た目を改善するのが目的」とみなされるので基本的に自由診療です(円形脱毛症は保険が適応となります)。クリニックによって値段設定はまちまちで、投薬治療であれば月10,000~30,000円、メソセラピーは1回70,000~100,000円など価格差が大きいです。安易にクリニックを決めてしまうと損をすることになったり、逆に安いクリニックを選んで失敗してしまったりする場合もあるので、クリニックは慎重に選びましょう。

女性薄毛治療の
費用について
詳しく見る

薄毛治療の期間はどのくらい?

薄毛治療の効果が現れる期間は、抜け毛の原因、頭皮の状態、進行の程度、治療の種類によって変わってきますが、内服薬と外用薬を使った投薬治療であれば3ヶ月くらいから産毛が生え始めて6ヶ月くらいで発毛を実感し始め、安定した効果を得るまでには1年~3年程度かかると言われています。

女性の薄毛の
治療期間について詳しく見る

副作用はあるの?

副作用は治療法によって異なります。パントガールもミノキシジルなどの内服薬は、男性の治療薬に比べると効き目がマイルドなので、副作用の報告はほとんどありません。外用薬のパントスチンはかゆみ、赤みなど頭皮の炎症が起こる可能性がありますが、どちらにしても軽度です。とはいえ、治療中になにかトラブルが起きたら放置するのは危険です。治療を受けているクリニックに診てもらいましょう!

女性薄毛治療の副作用について詳しく見る

自分に合わせたクリニックの選び方

通いやすさで考える

薄毛治療は、基本的に月1回の診察があります。まとめて薬をもらってくる、ということは基本的にできないので、毎月1か月分を処方してもらい、それがなくなるぐらいでまた診察に行かなくてはいけません。そうなると、通いやすさってとても大事ですよね。最初は、毎月1回ぐらいなら遠くて不便でも通えるかな?という気持ちで始めるでしょうが、通いはじめてみると、月に1回であっても面倒に感じてしまいます。薄毛治療は続けることが前提なので、数回でやめてしまっては意味がありません。ちゃんと通いやすい場所にあるかどうかで治療を受けるクリニックを決めましょう。

おすすめとしては、会社の近く、もしくは自宅の近く、乗り換えで使う駅にあるクリニックです。会社の近くがおすすめなのは、仕事をしている人です。仕事をしていると、なかなか通う日を確保するのって難しいですよね。で休日にいちいち時間を作るのももったいない…と思ってしまうはず。会社の近くなら、会社帰りに立ち寄ることができます。万が一残業などで少し時間が遅くなってしまっても、間に合う可能性が高いでしょう。

自宅の近くをおすすめしたいのは、仕事をしていない人や、仕事帰りに時間がある人ですね。いつも家にいるとなると、そこから出かけるのって結構面倒です。自宅の近くであれば、忙しい中でも気軽に通えますよね。また、仕事帰りに余裕がある場合は、自宅近くまで移動してから通うといいでしょう。そのまますぐに帰れるので、帰り道に時間がかかりません。

最後に、乗り換えで使う駅のパターンです。乗り換えに使う駅は、必ず降りる駅ですよね。電車によっては改札を出ない場合もあるでしょうが、通勤で定期を持っていれば、電車代がかかることはありません。会社の近くだと、会社の人にバレてしまいそうだしちょっと不安…でも自宅近くにはクリニックがないし…という場合には、乗り換えの駅をおすすめします。

 

費用面で考える

薄毛治療を受けるうえで、気になる費用。費用があまりに高額だと、続けたくても続けられないですよね。保険が適用できないので、ある程度の費用は覚悟しなくてはいけませんが、できるだけ費用を抑えて治療がしたい、という希望にもこたえてくれるクリニックをおすすめします。

費用は治療にかかる総額で30万円近くになるでしょう。安くてもしっかりと治療が受けられるクリニックもたくさんあるので、値段にとらわれずクリニック探しをしてみましょう。

 

カウンセラー・スタッフで考える

治療を受けるとなれば、これからカウンセラーやスタッフ、医師ともコミュニケーションをとらなくてはいけません。毎月行くのが憂鬱になるようなカウンセラー・スタッフ・医師しかいないクリニックで治療が長続きするでしょうか?やはり相談のしやすさも大事ですよね。女性の薄毛なので、デリケートな悩みは同性に聞いてもらいたい、と感じる人が多いはず。女性のカウンセラーやスタッフ、さらには医師が多いクリニックを選んでみてはどうでしょうか。

 

薄毛治療の実績で考える

薄毛治療をしているクリニックは増えていますが、そのクリニックに通って本当に効果が感じられるのか、といった心配がありますよね。薄毛治療に強いクリニックが見分けられたら…と思うでしょうが、そのポイントは実績です。クリニックがいつから薄毛治療をはじめて、今までどの程度の実績があるのかを参考にしてください。実績が豊富であれば、HPなどで宣伝しているはずです。反対に、あまり実績がない場合は要注意です。効果がない治療をしている、というわけではないでしょうが、まだ歴史が浅かったり、載せられる実績がなくて掲載できていない可能性が高いです。